大切なのは自分の身体と使い方に合った洗面台を選ぶこと

洗面台へのこだわり

洗面台に対してのこだわりは、女性ならほとんどの方がもっているのではないでしょうか?
毎日見る鏡に映る自分が、明るく綺麗だと元気が出ますよね!

私は洗面所にはかなりのこだわりがあります。
一人暮らしをしている独身時代にどうしても洗面所の綺麗なマンションでないと嫌で、とはいえ洗面所がきれいなお部屋は家賃が高く、
妥協できなかった結果、六畳ワンルームに洗面所が二畳もある部屋を借りたほどです。
寝室とリビングと台所が同じ部屋で洗濯機まで同じ部屋にありましたが、洗面所が綺麗で幸せでした。笑


まず、洗面所の「鏡」ですが、これは三面鏡で大きいタイプがいいです。鏡の歪みも気になってしまいます。
いつもの自分の顔が歪んで見えたり縦長に見えたりするとやっぱり落ち着きません。そして曇り防止機能は必須です。
湯気などで曇っているときに鏡をタオルなどで拭いてしまうと繊維が残ったりしてまた拭きなおさなければいけないのでこれも外せない機能ですね。


次に、「洗面台」そのもののフラットさです。
水を張る部分が四角のタイプだと、水を流すときに傾斜が甘かったりしますし掃除も角の所がなかなかきれいにならなかったりして時間がかかってしまいます。
何より見た目がフラットの方が広く見えて美しいです。


「壁」と「床」については、これもやはりふつうの壁紙、よくあるふわふわした素材のやわらかい床はナンセンスです。
壁も床もツルツルのタイルがベストです。
とにかく掃除がしやすくて見た目も綺麗でテンションが上がります。
天然の大理石はお手入れが大変なので大理石よりも各メーカーの研究しつくされた一押しのタイルを選ぶと間違いがありません。
最近はおしゃれに加工されたタイルも流行っているようで、一戸建てのおうちなどで石のように見えるザラザラ素材を組み合わせたりしているものもよく見かけますが、
ケルヒャーなどでお掃除するのならそれでも良いのかもしれません。
使ったことがないので一度そういう家にも住んでみたいですね!


最後は照明です。これはもちろんホテルのトイレのような間接照明を細かくふんだんに使えたら至福なのですが、
一般家庭では、特に私のような賃貸マンション暮らしの人間には到底できないことなので、照明は自分で付け替えます!
入居してすぐにLEDの白色の明るいものと、
オレンジ色のやわらかい色彩のものを購入し、付け替えます!!これは絶対です!!
マンションだと必ずと言っていいほど白熱灯なので、長時間付けていると暑いんです。これはダメです。
洗面所にクーラーはないですし、たいてい廊下に入口がありただでさえ温度管理が難しいのに白熱灯なんて自殺行為ですよ!


すっかり私も熱くなってしまいましたが、私の洗面所に対する思いは以上です。

ちなみに収納にはあまりこだわりはありません。
洗面所に収納するのは歯磨き用品と入浴剤、石鹸のストックとタオル(しかもよくつかうものを数枚)くらいなので収納は少なめでも全く問題ありません!
美しさと掃除のしやすさ、この二点だけクリアしていれば十分です。
毎日必ず使う場所だからこそ気持ちの明るくなる素敵な場所にしたいですね!DIYも目下研究中ですが本物のタイルに勝る代用品はなかなかないです!
ご清聴ありがとうございました!!私も熱く語れて楽しかったです!!